お知らせlogin

営業時間
平 日 9:30~夕方まで
土曜日 9:30~15:00まで
※鳴門っ娘の品切れの際は閉店を早目させて頂くことがあります。
臨時休業の際は、新着情報でお知らせさせて頂きます。
東京散策♪
久しぶりに上京しました♪
始発の飛行機でルンルン気分。今回は学生時代のお友達と会ったり、お得意先様へご挨拶したり・・・。中でも、東京大学の構内に今春オープンした「厨菓子 くろぎ」様のお店訪問は楽しみにしていた旅程の一つでした。歌舞伎座を設計された隈研吾さんがご担当されたというユビキタス学術研究棟。この建物はダイワハウスさんが寄贈されたものだそうです。日本料理で名を馳せている「くろぎ」様。洗練された東大のカフェでは、作りたての上生・葛切などをこだわりの珈琲と共に美味しく頂きました。日常を忘れるゆったりとした寛ぎ空間は、都内と思えない極上のひと時でした。学生時代・OL期を過ごした東京。10年前の気持ちと今は違うけれど・・・やっぱり大好きです。
スタッフ日記 6月4日
柏もちの葉っぱを巻いていると
「どうして端午の節句に柏もちを食べるか知っとうで?」
師匠に聞かれました。

考えた末、かなりの自信をもって
「男の子のおちん●んを隠すため!」
と答えると
「ほんな下品な答えちゃうわ!」
怒られてしまいました・・・

柏の木は新芽が出てくるまで古い葉が落ちないので
「子供が生まれるまで親は死なない」
つまり「跡継ぎが途絶えない」という
子孫繁栄の意味があるのだそうです。

日本人が昔から大事にしている行事には
ひとつひとつ深い願いがこめられているのですねー。

当店の柏もち、
こしあんと粒あんの2種類ご用意しております。
旧暦の端午の節句もそろそろですので
まもなく終了ですが・・・。

お菓子も季節とともに移りゆきます。
スタッフ日記 5月30日
薯蕷まんじゅうの生地は
和菓子職人の間では昔からよく
女性のおしりに例えられているそうです。

すりおろした山芋と米粉でできたこの生地、
真っ白で
ツヤツヤしていて
モッチリとした弾力があって・・・

あかん!
まんじゅうに負けてるっ!!

目指せ薯蕷まんじゅう~。

薯蕷(山芋)入りのこの生地は
蒸すとふわ~っとふくらみ、
それでいてしっとりモチモチ。
中のあんこの美味しさを最大限に引き出します。

師匠の奥様もこれが一番好きなのだそうです!
スタッフ日記 5月28日
お待たせしました!
わらび餅の登場です。
春頃からちょくちょくお問い合わせいただいておりましたが
今年も販売開始です!

当店のわらび餅は
本わらびを使用したモッチモチの弾力が特徴。
和三盆糖入りの香ばしい黒須きなこもおつけしています。

今年は例年のハーフサイズもご用意していますので
お一人で「ちょっと食べたい!」っていうときにもいい感じですよー(^^)/

さらに!
新登場「餡わらび」
個人的にも熱烈にリクエストして作ってもらいました!

これがまた美味しい!!
甘さ控えめのあっさり系で
いっくらでも食べられちゃいます。

夏に向かってせっかく腹筋を鍛えていたのに
お腹のお肉までわらび餅みたいにぽよんぽよんだーっ!!
東急百貨店 たまプラーザ店にて販売のお知らせ
いつも御用命賜りまして、誠にありがとうございます。
5月8日~21日、東京・東急百貨店たまプラーザ店にて、鳴門っ娘を販売させて頂きます!
「究極のお土産」フェア会場での販売です。お近くにお住まいの方、お立寄り頂ければ幸いです。昨年末、観光庁「世界に通用する究極のお土産」品評会にて第一席にあたるお墨付きを頂いた「鳴門っ娘」。この小さなさつま芋のお菓子、お子様から御年配の方まで幅広く御支持を頂いております。地元特産のなると金時芋・阿波和三盆糖のこれぞ自然のもつ優しい味わい。究極の味を感じて頂ければこの上ない幸せです。
ゴールデンウィークの営業時間のご案内
日頃は格別のお引立てを賜りまして、厚く御礼申し上げます。
ゴールデンウィーク期間中の本店営業時間を下記の通り御案内申し上げます。
  4月29日(火・祝)9時半~14時まで
   30日(水) 通常9時半~18時
  5月1日(木) 通常9時半~18時
    2日(金)通常9時半~18時
    3日(土・祝)9時半~14時まで
    4日(日) 定休日
    5日(月・祝)9時半~14時まで
    6日(火・祝)9時半~14時まで

  変則的でございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
スタッフ日記 4月24日
わが家のマツバギクの鉢植えに
アシナガバチが巣を作りました。

ちょっと怖いこともありしばらく観察するだけの日が続くと
なんとなく情もわいてきたりして
植物の害虫も取ってくれたりするみたいだし
いっそこのままにしておこうかと思ったのですが
周りの友人すべてに
「巣が大きくなる前に取らないと大変なことになる!」
と猛反対をうけました。

巣を作っているのは女王蜂で
巣の中の卵からはどんどん働き蜂が産まれ
夏には大騒ぎになるらしいです。

というわけで
昨日、決死の覚悟でハチにホースで水をかけ
巣から引き離したところですかさず巣をもぎ取りました。

さあ、これでひと安心!

と、思ったのもつかのま
今朝には新たな巣を同じ場所に作り始め
夕方見たときには3LDKまで出来上がっていました。

さすが
女王を目指しているだけのことはある!
見上げた根性です。
スタッフ日記 4月20日
今日は弊舗最大最強のパートナー「岡田製糖所」さんでお花見。
八重桜と紅葉のコントラストが大変美しい所です。
お庭の松なども手入れが行き届いて本当にきれい!

毎年たいへんなおもてなしを頂き
とても楽しいお花見の一日を過ごさせていただいています。
魁星くんと都和ちゃんも広いお庭を走り回って楽しそうです。

摘み立ての苺の和三盆糖がけはほんま美味!!
ぜひお試しください!

帰りがけには
店主の鯉友である四国八十八ヶ所五番さん地蔵寺に寄って
跡継ぎの4歳のしゅうご君に
立派な鯉の泳ぐ池とお寺の中をくまなく案内してもらいました。

しゅうご君は4歳にしてお経を完璧に唱え感心しきり。
四国八十八ヶ所の未来は安泰です!
のれん
日頃は御愛顧頂きまして、厚く御礼申し上げます。
弊舗は4月19日、リニューアル開店から9年目を迎えます。和三盆御干菓子の製造・卸業を約40年、店舗の改装開店から9年。少しずつではございますが、歩みを止めず、美味しいお菓子、喜んで頂けるお菓子を目指し、従業員一同、尽力する日々でございます。まだまだ課題は沢山ありますが、「一日一生」と思い、日々の仕事・接客に心を込めて取組んで参ります。

8年間、多くのお客様に足をお運びいただき、のれんが良い味を出してきました。風雨にも耐えて少し疲れが出てきた様子。9年目を迎えるにあたり、のれんも新調致しました。
弊舗の看板娘「鳴門っ娘」がお出迎えさせて頂きます。

末永く宜しく御願い申し上げます。
桜花満開
近年の気候、寒かったり、暖かったり安定しないが、今年も桜の花は咲き誇っている。自然はどうでも、花、植物は逞しく己を主張している。本当に日本の四季は素晴らしく美しい。

花の美しさとは別に、皆様にお詫びしなければいけない事になりました。
5月に予定していました、個展が出来なくなり、誠に申し訳ございません。
究極のお土産認定以来、「鳴門っ娘」の生産に追われ、工芸菓子の製作の時間が摂れず、少し延期する事になりました。想い描いている大作が出来てから公開したいと思っています。

JTBの企画、「四国おもてなしの達人」もお問合せがあり、連動してよいタイミングで催したいと思っています。日時決まり次第お知らせします。
      
      


営業時間
平 日 9:30~夕方まで
土曜日 9:30~15:00まで
※鳴門っ娘の品切れの際は閉店を早目させて頂くことがあります。
臨時休業の際は、新着情報でお知らせさせて頂きます。
foot

goto